今、ここにいるから見えた世界。

何気ないことを書き留める場所。

末永く付き合えるモノがいいですね。

まず、カメラ遍歴でも書いてみよう。


学生時代は写ルンですを主流に
(というより選択肢がそれしかなかった)
修学旅行の時にだけ持たせて貰って
貴重で慎重にで、最後まで使いきらず
最後に余ったので適当に撮るタイプのヤツでして
アルバムを見返すと…他人のつむじや
開いた口のアップを撮ってる写真があったりで…



写真は、なんとなくであったがどちらかと言えば
楽しくて好きな方だったと記憶してます。

んで、携帯を持つようになって
家族が一人(ワンちゃん)増えてそのコの
写真ばかり撮るようになって↓

f:id:ewsn4kioriori:20110606142639j:plain



当時は、釣りが趣味で、なんとなく良い景色やな
と思うと釣りそっちのけで写真を撮ることも↓

f:id:ewsn4kioriori:20131123161016j:plain




携帯で事足りるな~っと
思てたけど、ロードバイク購入をきっかけに
"一眼レフデビュー"もしてみた。

最初はいろいろ検索して
レンズの相互性が無いためパートナーは
なかなか変えることが出来ない。
みたいな書き込みを見て真剣に悩んだ。
店に行って、直接見て触れて、店員さんの話を聞き
ネットで検索。
そんな日々が2ヶ月ほど続いた。
未知なもん+α入門機でもそこそこしますからね


ほんまかどうか知らんけど耐久性が高いと
評されてるってだけでNikonに。
あんなに悩んでたのに意外とあっさり決めた。


D3300のレンズキットから始まり
撮った写真のキレイさに感動した。
でも、そんなD3300との日々も長くは続かず
視野率が100%でなかったので
ええ感じ!と思てた写真が確認すると余計なのが
写ってたりして私の心も移ってしまった。

とにかく安く!で、視野率100%を
D300かD7000で悩み、D7000を中古で購入
視野率100%に感動し
こうなると憧れを持ってしまった
フルサイズD700も成りゆきで購入してしまい

結局、視野率だけで選んでる程度の人間なんで
フルサイズレンズの価格と力を持て余す機体に
不要と結論付け、手放した。

で、D7000に落ち着く今。

自転車に乗っていろいろ写真を撮るというよりは
一眼を持ったからいろいろ出かけるようになった
と言った方が正しいなって最近思う。




突然ですが、ある日のこと
実家でウォシュレットが故障し修理を頼んだ。
修理に来た兄ちゃんが
7年も使ったらガタがきてもおかしくないって
そしたら親が
7年で壊れるモノ造りしとんのかって言ってた。

確かに両方ともわかる

買い替えて貰わんと経営が成り立たんのもわかる

技術は進んでるのに7年計算で故障って言われると
なんか手抜き作業か!って思わうのもわかる

現に実家には、いつのか知らないが
古びた扇風機が一台、現役で夏を快適にしてくれる
それよりも若い扇風機が先に殉職してるのは、、、
不思議だねー

そんなことを思うと
デジダル一眼も寿命の長い使い捨てカメラなのかな
って思っちゃって…




戻りまして、


自分でも修理が出来て下手すりゃ一生使えたらな
そんな淡い期待を抱いて、機械式を探す。



これもまた、いろいろと検索し
NikomatもええけどFMの方に興味が向いてた。
そんな気持ちだけ高揚していたある日、

いやーまさか、たまたま寄った中古屋で
ジャンク品として置いてあるとは
ざっと見て、傷など目立つ部分が多いけど
とりあえずシャッターは切れそうなので購入。

駄目やっても、分解して遊べるやろ
って気持ちもあったしね
どっちかって言うとこの気持ちの方が強い。

レジにて、諭吉さんが1人旅に出て
英世さんが半数以上帰ってくるという
俗に言うUターンラッシュですかね。
財布の中で"おしくらまんじゅう"をしていて
桁が減ったはずなのに
なぜか、懐が温かくなった気がした。。。

まぁ、浮かれてたことには間違いないな。



そんなこんなで手元にやって来た

f:id:ewsn4kioriori:20161209195651j:plain

レンズを着けて写真を撮ろうとすると
ミラーの傷で線がいっぱい見えるのと
露出計が作動してない。


これを正式な理由として、分解してみようと…
(ほんまは、ただただしたかっただけ)

分解とかは好きな方で。
でも、もとに戻せない残念な気質で。はい…

それは小さい時の話やから大丈夫!って
自分に言い聞かせて。

いろいろ調べながらいざ解体~
おやっ?待って、一つ見逃してた
てっきりセレン光電池式やと思い込んでた
CdS式でボタン電池が必要なのか



裏を開けると。。。
f:id:ewsn4kioriori:20161209195940j:plain
ありゃ、やっぱ入って無かった

あぶない、危ない。




気を取り直して

f:id:ewsn4kioriori:20161209201816j:plain

入れるも…作動しない。んー



この時には、もうすでに
考えが変わって、露出計(電気)に
頼らな写真を撮れない自分がいけ好かんくなって
別の道を模索すると体感露出計にたどり着いた。
これめっちゃ、おもろそうやん。

これ採用!
ランニングコストが凄そうやけど、
その辺は、まぁいっか。




学生時代に国語の先生が
『"正"の字は、次の一歩を止めてみると
正しいことが見えてくる』
と仰ってたことをふと思い出した。

私にとっての"正"は
たぶん、おもろい方向へ!と思う。


おしまい。